機械式時計のオーバーホール!?プロに任せるのが一番です

機械式時計は精密機器です

機械式時計は動力がゼンマイの戻る力です。この力は時計内部に組み込みが行われている歯車に伝えられます。機械式時計に使われている歯車の数は数十個以上、一つでも摩耗すると回転力を次の歯車に伝えることが出来なくなり、時計は正常な時刻を表示しなくなります。さらに、歯車同士が接触することで摩擦が起き、この摩擦で部品の劣化が進むことになるのです。但し、摩擦を防止するためのグリスが塗布してあるので長期間の利用が出来るようになっています。長期間使っているとグリスも劣化してくる、時計内部は密閉状態ではありますが、隙間から埃などが入ることもあり、グリスの状態も徐々に悪くなります。機械式時計は数年に1度の割合でオーバーホールと呼ぶ分解掃除を専門店に依頼することが状態維持に繋がるのです。

オーバーホールはプロに任せるのが一番です

精密機器の分解に慣れている人などの場合、機械式時計のオーバーホールもそれほど難しくはないかと思われますが、手先があまり器用ではない、工具類も持っていないのであれば、自力でのオーバーホールは控えた方が無難です。分解そのものはパーツを順番に取り外して行けば良いわけですから、時間を掛ければ出来ないわけではありません。しかし、組み立ての段階では順番に組み上げるだけでなく、歯車の位置を決めながら取り付けをするなどのノウハウが必須です。さらに、劣化したパーツをそのまま組み立てても機械紙時計の性能が戻ることはありませんので交換が必要です。部品は通販で購入出来るものもあると言われていますが、大半のパーツが特殊なものなどからも入手は困難です。それ故に、オーバーホールはプロに任せるのが一番なのです。

パテックフィリップはスイスの高級時計メーカーです。1939年に創業しました。世界三代時計メーカーの一つに数えられます。