ロールスクリーンでお部屋をスッキリ・おしゃれに!

さまざまな遮光アイテム

窓から入る日光を調節するためのアイテムといえばカーテンがおなじみですが、オフィスなどではブラインドもよく使われています。カーテンとブラインドの違いは、開閉する際にカーテンが横にスライドさせるのに対して、ブラインドは縦に上下させるという点にあります。ブラインドは上に開くと羽根が小さなスペースに折りたたまれるため、窓辺がスッキリして見えるという特徴があります。ところで、縦に上下する方式の遮光アイテムは他にもあります。それがロールスクリーンです。

狭い部屋でも窓辺をスッキリ

ロールスクリーンは、その名の通りロール状になった布のスクリーンです。窓の上部に取り付けたポールに布を巻き上げたり引き下ろしたりすることで開閉します。ブラインドとロールスクリーンの違いは、ブラインドが何枚もの羽根が縦に連なっているのに対して、ロールスクリーンは1枚の布でできているという点にあります。そのため、引き下ろした場合は完全にフラットな平面になり、ブラインドよりもさらに窓辺がスッキリして見えるという特徴があります。

豊富なデザインで空間を演出

さらに、ロールスクリーンにはもう1つ特徴があります。それは、1枚の布であるゆえにその上にさまざまなデザインを施せるという点です。風景写真がプリントされたものや可愛いキャラクターのイラストが描かれたものなど豊富なバリエーションがあるため、用途や家具類との調和を考えながらお部屋の雰囲気を演出できる楽しみがあります。また、ロールスクリーンは素材そのものもバラエティに富んでおり、中には竹を編んだすだれ調の製品もあります。そのため、和室にもマッチさせることができます。

ロールスクリーンは、シンプルな見た目が特徴で、小窓など、もたつかせずコンパクトに納めたい窓には最適です。窓にピッタリサイズのオーダーのロールスクリーンで、スッキリしたインテリアを作れます。