可愛く見えるものが一番!!夏用ならメッシュ地がいいかも!!

いかにかわいらしく見えるかを考える

人の祖先を見ると、一応は全身に体毛があったようです。しかし今の人は服を着るのが一般的になっていて、体毛は産毛などがあるもののかなり退化しています。冬の寒さなどに対応するには服が必要になります。では犬に洋服を着せる意味はあるかです。犬種によって毛量が異なりますが、犬にはそれなりの体毛があります。そのため、封を着せないと寒くて困るなどはありません。犬に洋服を着せる目的は、あくまでも飼い主の好みを満たすためになります。それならその目的を達成できるように洋服を選んであげましょう。かわいらしく見るものがいいでしょう。それを着て犬が喜んでいるかどうかはわかりません。飼い主の方で、犬が喜んでいると感じられれば良いでしょう。

洋服を着せる目的を考える

犬には体毛があります。日本には四季があり、夏は暑く冬は寒いです。体毛は季節によって伸びたり抜けたりするので、通常は洋服を着せる必要はありません。日本に古くからいる犬なら問題ありませんが、元々暖かいところで過ごす犬種だと日本の冬だと寒く感じる可能性があります。そのために洋服を着せる必要が出てくるかもしれません。一方、寒い地域の犬はそれなりに耐寒力はあるものの暑さに弱いものもいます。暑いのによわいのにその上洋服を着せるのは良くないときもあります。どうしても着せたいのであれば、通気性を考えたものを選んであげましょう。デザインだけで選ぶと蒸れてしまう可能性があります。暑い時はメッシュ素材を使ったものなどを着せてあげましょう。

犬の洋服はお出掛けする際に犬を可愛く、そして格好良く着飾るための衣服です。犬種や性別によってサイズや形が異なります。